2007年05月02日

何もIEだけにこだわらなくても

IE7はいきなり落ちる。それも1日に何回も。「問題が発生したため、Internet Explorerを終了します。ご不便をおかけして申し訳ありません。」これは本当に困りものだ。

以前あまりにもIE7が落ちるものだから、マイクロソフトに電話で質問をしたことがある。エラーコードを丁寧にメモして。電話の応対に出てくれたマイクロソフトの担当者はかなり丁寧な応対で、次の日もわざわざ電話をくれて色々やり取りをしたが、結局のところ解決しなかったので、わざわざIE6にバージョンを戻して今でも使っている。全国あらゆるデーターが送られてはきているものの、それが最終的にユーザーに繁栄されていないように思える。新しい製品には生かされているのかもしれないが、世に出したバージョンの性能アップにまでは手が回らないのかとも思えてならない。そんな不信感があるものだからVISTAは初めから購買意欲をそそらないのである。本音としては「どうせまたバグの塊だろう。しばらく落ち着くまでいいか・・・」となってしまう。

何もIEだけにこだわらなくても、今はいくらでも変わりはあるし、スピードもIEより早くて軽いも方が多いくらいだ。Googleと張り合うのもほどほどにして、マイクロソフトはもっと足元、現在のユーザーをしっかりと満足させるほうにも力を入れほしい。最近IEを殆ど使っていないユーザのつぶやき。
posted by CNETO at 17:42| Comment(36) | TrackBack(8) | ネット・メディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月29日

グーグルとマイクロソフトさらに

GoogleがMicrosoftの得意としていた領域へ進出し、MicrosoftがGoogle製品と競合するWebサービス「Live」で苦戦を強いられていることなどを含め、Microsoftが今ではGoogleに負けているといったことがいわれています。確かにMicrosoftは『Windows Vista』と『2007 Microsoft Office』の出荷に躍起になっていてLiveのマーケティング、やWindowsとの連携ではちょっと出遅れた感はありますね。

しかし、根本的に、Googelは一般の市民に広告宣伝による収益確保の選択肢を世界に広げたことによる普及がMicrosoftとは異質であり、先ずは利用者に、目に見える形での利益を優先して与えてきたマーケティング手法が今の位置を築いたといってもいいと思う。Microsoftは今までは、とりあえず出来上がったものをいち早く市場に出すことで、ユーザーを先ずは囲い込んで、その後に次々と改良版を定着させるといったマーケティング手法。大企業や、すでに市場を確保している企業にとってはうけたかもしれないが、一般ユーザーにとってはMicrosoftを利用するメリットが今では絶対的ではなくなってきている。

どちらにしても、GoogleとMicrosoftでは、誕生の背景が全く違うわけで、大雑把にどちらがいい悪いとはいいがたいし、そういう比較は、どちらかの得意なマーケティングサイドから見るといかようにも考えられるのではないだろうか。こういうニュースを実は日本企業で切実にしかもかなり身近に感じているであろう企業があるはずです。株式会社オーケーウェブ (代表は確か兼元謙任さんだったはずですが)は2007年1月に初版第2刷を発行された著書で「目標はGoogleを超える」、「バーチャル国連」などといった思いをはっきり表している。検索サイトという1つの視点から見ればオーケーウェブも手法やロジックは違うが、Googleと面白い競走が過熱してゆくのかもしれない。

posted by CNETO at 19:41| Comment(0) | TrackBack(0) | ネット・メディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月26日

ピクセル・ブラウザN904iに標準装備

 ピクセル・テクノロジーズが携帯電話でPCサイトが閲覧できるフルブラウザ「ピクセル・ブラウザ」をNTT ドコモのN904iに標準装備してこれから携帯電話でのシェア拡大が期待されているようですが、N904iってアクセス製のフルブラウザ「NetFront」も標準搭載されているわけで、その違いって文字入力時に英字と数字などのモード切替をせずに入力できる入力システムやツールバーといったものになるのでしょうか?

文字入力のときにいちいちモード切替をしなくていいと言うのはかなり便利かも。しかしHTMLやXHTMLなんか色々なテクニックで構築している場合どこまで忠実に動作するのかまだ良くわかりませんが・・・
それにしても今までは携帯独自の文化はPCのそれとかなり違っていたわけですが、ここにきて、PC文化とのカップリング要素がかなり広がってきたようで、これからが本番と言う感じでしょうか。大いに期待しています が、今のところちょっと不安 微妙。
posted by CNETO at 17:38| Comment(0) | TrackBack(0) | ネット・メディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。